• facebook Twitter

教員の紹介

 
時谷 政行
准教授

時谷 政行

TOKITANI, Masayuki

指導内容

核融合炉のダイバータおよび第一壁材料とプラズマとの相互作用について研究指導を行う.具体的には,1)ヘリウムや水素プラズマによる材料表面への微細欠陥形成機構と,形成された欠陥が材料表面に及ぼす燃料粒子捕捉特性変化に関する研究,2)金属材料および炭素材料を含むMixed-material堆積層形成による対向材料表面の物理特性変化に関する研究,3)超高熱負荷用ダイバータコンポーネントの開発研究などを対象とする.

講 座 核融合システム講座
所 属 核融合システム研究系
部 門 高熱流プラズマ対向壁研究部門
学 位 博士(工学)
業 績 -M. Tokitani, S. Masuzaki, T. Murase, the LHD Experiment Group, Demonstration of suppression of dust generation and partial reduction of the hydrogen retention by tungsten coated graphite divertor tiles in LHD, Nuclear Materials and Energy 18 (2019) 23-28

-M. Tokitani, M. Miyamoto, S. Masuzaki, R. Sakamoto, Y. Oya, Y. Hatano, T. Otsuka, M. Oyaidzu, H. Kurotaki, T. Suzuki, D. Hamaguchi, K. Isobe, N. Asakura, A. Widdowson, K. Heinola, M. Rubel, JET Contributors, Plasma-wall interaction on the divertor tiles of JET ITER-like wall from the viewpoint of micro/nanoscopic observations, Fusion Engineering and Design 136 (2018) 199-204

-M. Tokitani, Y. Hamaji, Y. Hiraoka, S. Masuzaki, H. Tamura, H. Noto, T. Tanaka, T. Muroga, A. Sagara, FFHR Design Group, Fabrication of Divertor Mock-up with ODS-Cu and W by Improved Brazing Technique, Nuclear Fusion 57 (2017) 076009
担当講座 材料加工・評価基礎技術演習(理工学基礎演習Ⅱ)
ORCID

連絡先

Mail メールはこちら