• facebook Twitter

教員の紹介

 
芦川 直子
助教

芦川 直子

ASHIKAWA, Naoko

指導内容

プラズマ壁相互作用について研究指導を行う。具体的には、1)原型炉で使用される低放射化フェライト鋼が低エネルギープラズマへ曝露された時に生じる表面変化、および燃料ガス吸蔵特性に関する研究、2)プラズマ対向壁が損耗することで生じる微粒子の特性およびトリチウム吸蔵量に関する研究、3)ITER、原型炉で必要とされるプラズマ対向壁の調整法に関する研究、である。

講 座 核融合システム講座
所 属 核融合システム研究系
部 門 プラズマ壁相互作用研究部門
学 位 博士(学術)
業 績 -N. Ashikawa, Y. Torikaic, N. Asakura, T. Otsuka, A. Widdowson, M. Rube, M. Oyaizu, M. Hara, S. Masuzaki, K. Isobe, Y. Hatano, K. Heinola, A. Baron-Wiechec, S. Jachmich, T. Hayashi and JET Contributors, “Determination of retained tritium from ILW dust particles in JET”, Nuclear materials and energy (2019) accepted.

-N.Ashikawa, K. Sugiyama, A. Manhard, M. Balden, W.Jacob, “Effects of surface modifications on deuterium retention in F82H and EUROFER exposed to low-energy deuterium plasmas”, Fusion Engineering and Design, vol.112, (2016) pp.236.

-N.Ashikawa, S.H. Hong, Y.Hamaji, Y. Torikai, Y. Ueda, K. Nishimura, the LHD experiment group, “Structural Analysis of Carbon Co-Deposited Layer in LHD”, Journal of Plasma and Fusion Research SERIES, Vol.11, (2015) pp.015.
担当講座 材料加工・評価基礎技術演習(理工学基礎演習Ⅱ)

連絡先

Mail メールはこちら