• facebook Twitter

教員の紹介

 
室賀 健夫
教授

室賀 健夫

MUROGA, Takeo

指導内容

核融合炉材料および核融合炉システムについて研究指導を行う。具体的には,1)核融合炉内材料の放射線損傷の機構と特性向上に関する研究,2)材料およびコンポーネントの高度化のための製作法開発,3)ブランケット及びダイバータに関する材料学的研究, 4)材料照射試験装置と試験法に関する研究、などを対象とする。

講 座 核融合システム講座
所 属 核融合システム研究系
部 門 プラズマ壁相互作用研究部門
学 位 工学博士
業 績 -Takeo Muroga and Hiroyasu Tanigawa, Japanese Fusion Materials Development Path to DEMO, Fusion Science and Technology, 72 (2017) pp. 389~397

-T. Muroga, Refractory metals and alloys as core materials for Generation IV nuclear reactors, in Structural Materials for Generation IV Nuclear Reactors, edited by Pascal Yvon, Woodhead Publishing in Energy, Number 106 (2016) pp. 415~440.

-J. Knaster, A. Moeslang, T. Muroga, Materials research for fusion, Nature Physics, 12 (2016) pp.424~434.
ORCID

連絡先

Mail メールはこちら