• facebook Twitter

教員の紹介

 
成嶋 吉朗
助教

成嶋 吉朗

NARUSHIMA, Yoshiro

指導内容

大型ヘリカル装置LHDにおける磁気島のダイナミクスおよび電磁流体力学現象に関する研究。 閉じ込め磁場配位に外部から共鳴成分を有する摂動磁場を印加すると、磁気島と呼ばれる構造が出現する。 LHDでは、プラズマ放電中にこの磁気島が自発的に消失したり、逆に拡大したりする現象が観測されている。 それだけでなく、最近になって磁気島の位相がずれた状態で維持される新しい現象が観測された。 磁気島の能動的制御によってプラズマの閉じ込め特性やMHD特性を向上できる可能性があるため、磁気島のダイナミクスを支配する条件を探し出すことは重要である。

講 座 核融合システム講座
所 属 高密度プラズマ物理研究系
部 門 電磁流体力学研究部門
学 位 博士(理学)
業 績 -Y. Narushima, S. Sakakibara, Y. Suzuki, K.Y. Watanabe, S. Ohdachi, Y. Takemura, M. Yoshinuma, K. Ida, F. Castejón, D. López-Bruna, C.C. Hegna, M. Kobayashi, H. Tanaka, T. Akiyama, N. Ohno and The LHD Experiment Group, "Observations of sustained phase shifted magnetic islands from externally imposed m/n  =  1/1 RMP in LHD", Nuclear Fusion Vol.57 No. 7 (2017) 076024(7pp)

-Y. Narushima, S. Sakakibara, S. Ohdachi, Y. Suzuki, K.Y. Watanabe, S. Nishimura, S. Satake, B. Huang, M. Furukawa, Y. Takemura, K. Ida, M. Yoshinuma, I. Yamada and The LHD Experiment Group, "Experimental observation of response to resonant magnetic perturbation and its hysteresis in LHD", Nuclear Fusion Vol. 55 No.7 (2015) 073004 (7pp)

-Y. Narushima, S. Sakakibara, S. Ohdachi, K. Watanabe, S. Nishimura, Y. Suzuki, M. Furukawa, Y. Takemura, K. Ida, M. Yoshinuma, I. Yamada, and LHD Exp. Group, "Observation of hysteretic magnetic island response to Resonant Magnetic Perturbation in LHD", Plasma Fusion Research Vol.9, (2014) 1202066
担当講座 大学院特別講座「センスなんていらない!伝わるプレゼン資料の作り方」

連絡先

Mail メールはこちら