• facebook Twitter

教員の紹介

 
准教授

鈴木 康浩

SUZUKI, Yasuhiro

指導内容

3次元磁場構造が周辺プラズマの輸送特性に与える影響を、数値シミュレーションを通して考察する。また、周辺プラズマ輸送特性を観測するための計測手法の開発も行う。
具体的には、
・PICコードによる自発的電位構造の形成シミュレーション
・プラズマ-中性粒子2流体モデルの開発
・周辺磁場構造を観測するイメージング計測と磁気計測の開発

講 座 核融合シミュレーション講座
所 属 核融合理論シミュレーション研究系
部 門 周辺プラズマ解析研究部門
学 位 博士(エネルギー科学)
業 績 - Yasuhiro Suzuki, "Effect of pressure profile on stochasticity of magnetic field in a conventional stellarator", Plasma Physics and Controlled Fusion vol.62 104001 (2020).

- Y. Suzuki, S. Purohit, S. Ohdachi, S. Yamamoto, and K. Nagasaki, "New tomographic reconstruction technique based on Laplacian eigenfunction", Plasma Science and Technology vol.22 102002 (2020).

- Simpei Futatani, Yasuhiro Suzuki, "Non-linear magnetohydrodynamic simulations of plasma instabilities from pellet injection in Large Helical Device plasma", Plasma Physics and Controlled Fusion vol.61 095014 (2019).
ORCID
Research Map

連絡先

Mail メールはこちら