核融合科学研究所では、大学院生として5年間、ポスドクとして約1年を過ごしました。私は、大型ヘリカル装置(LHD)で生成される大型高温プラズマに、燃料となる水素等のガスを超音速ガス流として供給する手法の研究開発を行いました。核融合科学専攻で研究を行うメリットは、世界最大の超電導プラズマ閉じ込め実験装置であるLHDに、自分自身が設計・制作した機器を取り付け、実験を行うことにあると思います。LHD実験以外にも、スーパーコンピュータを用いたプラズマ理論研究や、将来の核融合炉実現に向けた炉工学にも設備や教員が充実しており、核融合全般を学びたいという人に魅力的な研究環境にあります。また、総研大学生セミナーやワークショップでは、他専攻の学生との交流もあり、自分自身の研究とは異なる研究分野にも触れることが出来ました。
最先端の核融合研究は、多数の研究者や技術スタッフと協力・連携し、研究を遂行する能力が重要です。私自身、大学院時代に、このような大規模実験プロジェクトの一員に加われたことは、貴重な経験でした。そして、指導教員をはじめ、総研大の先生方に熱心にご指導いただいたことに感謝しております。総研大で学んだ“総合工学”である核融合に関する知識や経験は、今の業務でも大変役立っております。