はい、受けられます。専門科目の試験問題は、日本語と英語の両方で用意されます。試験問題の内容は同じです。
英語科目の問題は、日本語に不自由がないことを前提としていますが、基準を満たしたTOEICまたはTOEFLのスコア認定証を提出することで、英語筆記試験が免除されます。