2019年度 夏の体験入学 

核融合に関する幅広い分野から課題を選択し、合宿形式で研究の最前線を体験していただきます。 大学院への進学を考えている学生の方は、是非ご参加ください。 世界の最先端の研究現場で1週間、本物の研究者達とともに研究課題に取り組みましょう。

※最新情報は随時、本ページ上で公開します。
※体験課題、応募方法の情報を追加しました。(6/1)
※応募を締め切りました。(6/28正午)

日程

2019年 8月26日(月) ~ 30日(金)

場所

核融合科学研究所 ※来所方法

対象

大学院への進学を考えている大学1-4年生、高専4-5年生・専攻科学生

募集定員

約30名
※採否は7月上旬にお知らせします。

参加費

無料
※合宿形式ですので近隣の方を含め、宿泊は研究所の宿泊施設を利用していただきます。参加される方へは、レポート提出を条件とし、国内の交通費と宿泊費を補助します。

内容

プラズマ実験、超伝導などの先進工学実験、理論シミュレーションなどから課題を選択し、 教員及び総研大在学生の指導に沿って、少人数グループで主体的に研究活動を体験をします。 体験入学中の5日間は合宿形式で他の参加者と寝食を共にし、研究体験の他、施設見学、講義、ガイダンス等を行ないます。研究体験は大学学部生程度を対象とした課題を用意しています。

体験課題

体験課題一覧

プログラム

8月26日(月) 開校式(13:45〜)、施設見学、懇親会
8月27日(火) 朝礼(9:00〜)、講義(榊原悟副専攻長)、課題ごとの研究体験、キャリアビルディング(若手研究者との座談会)
8月28日(水) 朝礼(9:00〜)、課題ごとの研究体験
8月29日(木) 朝礼(9:00〜)、課題ごとの研究体験
8月30日(金) 成果発表会(9:00〜)、専攻紹介、閉校式、解散(12:20を予定)

過去の参加学生のレポート

宇都宮大学 4年・Kさん
課題名「電子ビームイオントラップを用いた多価イオン分光実験」

釧路工業高等専門学校 5年・Nさん
課題名「プラズマ実験装置を造ろう」

秋田工業高等専門学校 4年・Sさん
課題名「粒子シミュレーションで調べるプラズマ複雑現象」

ポスター

過去の夏の体験入学

一覧はこちらから

応募方法

応募を締め切りました。(締切:6月28日正午)

お問い合わせ先

核融合科学研究所 大学院連携係
電話:(0572)58-2042 E-mail : メールはこちら

Top